なんだかんだ好き

愛で愛でいっぱいになって?

24からありったけの感謝を受け取ってきた話

以下コンサート終わりハイテンションで書いたままずっと下書きに入ってた内容です。

一切編集してないのでDVDを見終わった今色々思うこともあるんだけどとりあえず載せます。

 

 

クリスマスイブである2016.12.24

行ってきました京セラドーム!

アリーナの横花から2列目アリトロ付近のお席で楽しんできました。

もうね、無理。素敵すぎる。大好き。笑(語彙力のなさ)

 

まずね、開演前に色んな曲が流れて会場あっためてるでしょ?

そのときに開演ギリギリでええじゃないかが流れたの。

そしたらまだ本人出てきてないのにペンラがキラキラ光ってドームが一体となって手の振りやってて、「もう1回!」とか普通に声揃ってて揃ってることに感動して歓声が起こって。

こんなあったかい初ドーム公演ってあるんやな、って感じた。

そのままジャニストコールをしてスタート。

最初は定番曲のオンパレードで会場のボルテージ最高潮!序盤からアリトロ乗ってアリーナまわって花道走って大好きな重岡大輝が目の前にきてあたふたした笑

待って無理来ないで

とか平気で言ってた気がする←

Jr.アリのライブに行くのが久々でガムシャラな彼らのキラキラ度も久々に間近で体感した。

そんなこんなでいろんな曲が一瞬ですぎていった。

あおりや、挨拶でメンバーの思いを聞いて胸が熱くなった。

あぁドーム公演ってこんな思いが詰まってたんだ。って。

第三者のいちジャニヲタとして彼らの苦労は見てたし、本格的に興味を持ち始めたラキセ以降必死で彼らを勉強し続けたけどそれでも情報としてしか入ってこなくて

あんなにも肌で「今コンサートできて嬉しい!」「7人で立てるって幸せ!」そういう気持ちを感じてずーっと応援していきたいな、とひしひしと感じた。

おっきいドームだったけど彼らはとっても近く感じた。

もちろん今回はあたしの席的に物理的にも近かったかもしれないけどそうじゃなくて彼らは心の距離も近くあろうとしてくれてるグループなんだと思う。

そんなとこが行くたびに伝わってきて沼にハマっていくのかなーって純粋に思った。

「今まで」をDVDや雑誌のインタビューで過去のものとしてしか知らないから

あたしのこの記事もそんな綺麗事ばっかじゃないの!と思う人もいるだろうし...っていうかいるよね。

今回のコンサートだって定番曲もたくさんあってあたしはとっても楽しめたけどもしかしたらもっとJr.時代の曲歌ってほしかった!とかもっとコアな曲聞きたかった!とかそういうことを思った人もいるんだろうなぁってそう思ってる。

だから、人それぞれだと思うんだ。私はこう思ったこう感じた。それでいいじゃんって。

ひとつ不満を言うなら風船のタイミングはそこじゃなかったよ!!!!!!ってことくらいです笑

素敵な時間をありがとう!!

知らないうちに自担がめきめき成長していた話。

ついに始まったJUMPツアーDEAR.

今年でアリーナツアーは最後かなぁ、なんて思いつつ大阪最終日の2部に参戦してきた。

まず、グッズね。

買う前あんなにもいや…ダサいでしょ…と言ってたツアーTも公演でJUMPが着てるの見るとあら不思議。素敵に見える公演マジック←

やらなんやらありつつも一番目を引いたのはどう考えてもペンラでしょう。

「仮面」って…(笑)

ストレートなコンセプト表現に思わず笑った。

しかもなかなかに扱いが難しい代物だった。(お写真撮って遊ぶには面白さ120%の代物だよ)

 

そして本編。

毎度のごとく映像からスタート。

そしてJUMPが登場。

全体を通して今回のは「なにがしたい」がちゃんと示されてるセトリと演出だった。

いつものちぐはぐなつなぎもないし、この曲の後にはこれ!みたいな定番パターンもなくて。

何度も周囲に言ってるけどあたしはこのセトリが今までで一番好きだ。

 何度も通いたくなるセトリ!(決して自担贔屓目ではない)

今回は涼介が中心で作ってて

大阪が一通り終わる私が入った公演は

とっても満足した幸せそうな顔でファンをみてる彼を見てこっちが幸せになって泣いた。

きっと想像している以上に不安だったんだと思う。

受け入れてもらえるのか、楽しんでもらえるのか。って。

この記事を更新する間に実は横アリにも参戦してきたんだけど

横アリで初めてこのツアーに触れた人達もすごく満足してた気がする!

残り半分、ちょうど折り返し地点

突っ走ってまた名古屋でメキメキ成長した彼らに会えるのを楽しみにしています。

 

まぁぴよ

近くで嵐を見上げた話

 

当たったらいいな!で申し込みした嵐アリーナ。 

まさかの当選によりエコパへと行ってまいりました。 

席は嬉しいことにアリーナ。 

電子チケットで席が分かった瞬間無駄に叫びました←

オープニングただいまから始まりARASHI。

実はムビステの通過位置だったので頭の上を嵐が通っていくおいしい席。 

こんなにも近くで嵐見れることなんてない!!!!!!って開演10分くらいでテンション崩壊w

真ん中すぎてメンステの一番下で踊られると全然見えなくて頼むから階段の上で踊ってくれ!と贅沢な悩みを抱え…(笑)

ドームツアーでもやったあの曲、この曲が聞けたのもすごくうれしかったし、ソロ曲もとってもおいしかった←

でも何よりも嬉しかったのは目の前で潤くんが踊ったあの瞬間。

 ムビステが会場中央あたりで止まってそこで1曲半踊ってくれたのです。

 丁度会場中央のアリーナにいたためパニック。

 かっこいいあの曲がまさかの潤くん立ち位置ドンピシャだったためにもうよくわからないけど泣き崩れた。

あの破壊力はやばいね…(笑)

個人的な感想はこのへんにしておいて…今回入ってみて思ったのはアリーナ規模でやっても嵐は嵐だな。ってことかな。

Showってこーゆーのをいうんだろうな、って単純に感じた。

100%の完成形を見せてくれるから一回でおなかいっぱいになるの。

すごく良かったからもう1回行きたい!とかそういうのはなくてただただすごい、満足。っていう(笑)

どういうコンサートが正解かわかんないけどね、何度も見たくなるような足を運びたくなるようなコンサートをするのが正解かもしれないし、1度で満足できるものを提供するのが正解なのかもしれないし。

でもやっぱりFC会員数180万なんていってるグループがアリーナでやるとはいえ、ムビステがあるとはいえ、基本アリーナクラスのGを追ってる身としては花道が欲しかったと強く思う←

個人的なことを言えばあたしはドームのじゃぽよりもアリーナのじゃぽのがセトリも演出も好き。

 

まぁぴよ

 

 

KAT-TUNに会いに行った話。

 
一言で言えば1番縁遠いグループ。
 
色んなグループが好きで、なんだかんだどのグループもコンサートDVDを目にしたことはあるけど
 
KAT-TUNだけはWSなどでしか見たことがなく、そもそも周りにファンがいなかったので関わりがなかった。
 
そんなあたしだったが、今回充電期間に入る前突然興味を持ち、数少ないハイフンのお友達にお願いしてツアー初日に入ることとなったのだ。
 
コンサートに入るまでのKAT-TUNのイメージは
・特攻がすごい
・ギラギラオラオラ
・カッコいい曲
であった。
 
なんというおおざっぱなイメージw
 
初日である名古屋は、グッズ列が長く、時間に余裕がなかったためになにも持たずに参加←
 
感想を一言で言ってしまえば、イメージを肯定してくれてありがとう!であった。
 
なんていうんだろう。
 
イメージ以上のものがあったんだけど、自分の中のKAT-TUNが証明された気分だった。
 
そしていい意味で、イメージを裏切られもした。
 
かわいいって演出も、おもしろい!って演出も、本当にハイフンのみんなが大好きなんだなって思えるときもあって
 
あぁ、KAT-TUNってこういうグループだったんだ。
 
純粋にそう思った。
 
あんなにも可愛い顔で上田さん笑うんだなって。
 
さっきまでバイクぶんぶん乗り回してたのにまじかよ!って笑
 
あたしが、彼らと触れ合った時間って今までKAT-TUNが提供し続けてくれた時間からしたらほんとに一瞬だったけど最後の挨拶ではうるっときた。
 
なんならオーラス翌日のWSの挨拶は泣いた笑
 
それくらい気付かぬうちに魅力にハマった時間だった。
 
戻ってくるときには、もっと船の乗組員が増えてると思うけど、
 
またその船に乗る人の一員になれたらいいなぁ。と実は密かに思っている次第である。
 
そのときのために、KAT-TUNを勉強しようってちょっと思ってる。
 
 
 
 

ジャニストの沼に落ちた話。


今年はいけるだけいろんな現場に行ってみよう!

そう年初めに決めたがために

1月にジャニスト

4月にKAT-TUN

と、順調にいろんな現場を体験している。(あたしはJUMP担である)

どのグループもそれぞれの良さがあって、とても楽しい時間であることには変わりないのだが、

今年一発目の現場であるジャニーズWESTのライブは一味違っていた。

デビュー前から自担である山田が好きだったこともあり、少クラを延々と見ていたので彼らのことはJr.時代からよーく知っているつもりだった。

「関西のおもろい奴らや」と。

でもまぁ、知っていると言ってもデビューしてからは年末の歌番組で見る程度でほんとに「ノリの良い曲を歌うグループ」という認識だった。

しかし、実際はどうだっただろうか?

もちろん関西らしい曲もたくさんあったけど、ダンスを魅せるかっこいい曲、歌声を聴かせるバラード。

想像をとびぬけた世界がそこには広がっていた。

沼にはまった理由のひとつとしてこのギャップは大きい。とっても。

 

でも、ギャップだけではなく、構成のクオリティーもとても高く、シングル3曲しか知らないまま飛び込んだあたしでも笑顔で、ノリノリで楽しめる空間であった。


と、ここまでは良かったのだ。

参戦してからというもの、どーしてもおもろい関西の7人組が頭から離れずちょっと動画を探ってみたのだ。

いま思えばそれが最大の間違いだったんだと声を大にして言えるだろう。

どんどん魅力にハマっていき、ラジオをリアルタイムで聞いてみたり、番組を録画してみたり。最近自担に対してもやらないようなことをしだすハマりっぷり。

こうしてあたしは本格的に沼に落ちていったわけだが、沼はどこにあるか本当にわからないな。というのがよくわかった。


今後も細心の注意をはらってたくさんの現場に乗り込もうと思う。

とりあえずはてなブログをはじめてみた


とりあえずはてなブログを始めてみた。
ずっと気になっていたものの手を出すのをためらってたんだけど
まぁいっか。で始めた所存。

私は、2007年に探偵学園Qの天草流から山田涼介に落ちたまだ10年未満のヲタク。
がしかし、ヲタクの始まりは保育園時代のSMAPだから根っからのジャニヲタと言ってもいいかもしれない。

一応自担は山田涼介と松本潤である。
私を知っている人は山田のほうが担歴が長いと思っていると思うが、実は潤くんのほうがちょっとだけ担歴は長いのでここでシレッとカミングアウトしておく笑

最近は「現場」というものにハマってしまい時間と余裕と周りにそのGのヲタクがいればフラーっと現場に出かけるのがなによりも楽しい。

今年はすでに2グループお邪魔しているので時間を見つけて感想を残したいと思う。

担当になった決め手や過去のアレコレはいつか書こうかな。

2016.05.07